身の回りからの連想でイメージ戦略!

みなさん、こんにちは、トータルビューティーコンサルタントのsayaです。

私はイメージコンサルティングという仕事柄、常に持ち物や身の回りの物などの印象を大切にしています。さらに自分には常に「完璧」を求めてしまうタイプです。私のパーソナルカラーは春夏なので、スタイルによってベースカラーをグレーORベージュで意識的に必ず統一しています。
 
o0480032013288170486

イメージというのは視覚からの連想です。例を出すとすると、モノクロの薔薇の花に色をつけるとすると?
o0480032013288170456
 
答えとして多いのはやはり赤です。
それはこれまで無意識のうちに視覚的に記憶してきたものからの連想の一つだからです。それは人のイメージも同じで、他人から見た印象は無意識のうちにどこまでも付いてきます。
o0480048013288170472
 
恩師akoさんのスタジオで臨時講師をさせていただいた時も私のティーカップは必ずピンクです。
 
o0480048013288507673
私のパーソナルカラーの中でもよりイメージに近い事もあり、このピンクのティーカップ=sayaと連想へ繋がっています。

一度記憶に残ったイメージは基本的に変わる事はありません。どんなに内面がいい人でもファーストインパクトが悪印象だと、覆す事はできないのです。

しかし、ここで発想の転換をすると、イメージから人柄やその人の特徴を連想させる事も可能なんです!

イメージの連想で細かな所ですが、これはサロンのトイレットペーパーです。笑

ちなみに私の身の回りはピンク?白?ゴールド?花柄で統一しています。イメージ連想としては「女性らしさ、やわらかい、芯のある、優しい」など。それは意識的に仕事柄「美」をテーマにしている事に説得力が出るからです。

仕事柄とイメージのチカラからの統一感でより連想に繋がると思います。
自分を知る事により、イメージづくりの幅が広がり悪印象を避ける事ができます。

どの様な方でも私たちイメージコンサルタントのプロの視点から、理想のイメージづくりを叶えます!身の回りの色や形などを意識するだけで、ビジネスの商談や初対面の人と会う時などに、有効的なイメージ戦略として活用していけますよ。